調和モダンな「千代の湯」

目黒区の学芸大学ターミナルの近くにある「千代の湯」は、デザイナーズ湯船として25時期ぶりに入れ替えした銭湯で、プライドは軟水って炭酸泉のお風呂だ。千代の湯のあるビル自体は古い建物ですが、1床における湯船は発端からいやにおしゃれな造りになっています。

店内もモダンなモデルで、ロッカーは思い出深い実情の漢データの書かれたものです。こういうロッカーは多くのデザイナーズ湯船を手がけてあるスキームオフィスによるもので、共和モダンでドレスアップだ。

お風呂は、ジャグジーや電気湯船のある大きい軟水湯船、炭酸泉、水風呂などがあります。炭酸泉は洞窟の中のような造りになっており、お湯の気温は38都度というぬるめになっています。炭酸泉に浸かっていると、体躯に詳しい泡がつくのがわかります。これにより、血行を良くし冷え性を解消する効果があります。また、浴室に入るという目に飛び込んでくる最適富士山の壁画は、日本で低いペンキ絵師にて描かれたもので、男湯という妻湯で自分実情が違う。

温かみのある燈火に照らされた一休みゆとりには、悠々座れるソファーがあって、お風呂ゴールにバストやコーヒーバスト、オロナミンC、ラムネなども用意されています。そのほか、手ぶらでお風呂を喜べるように、洗顔やリンス、石鹸、貸しタオルなども販売されています。こういう湯船のシャワーブースには、洗顔や外装ソープなどが備え付けていないので、先に購入しておくと良いでしょう。また、コインランドリーも併設されているので、とても便利です。

「千代の湯」はこれまでの湯船の認識と違って、さっそく清潔感があります。お仕事帰りや近くの公園で体躯を動かした後の疲労を癒したり、フラッと立ち寄ってみたりするのにおすすめのデザイナーズ湯船だ。

エタラビ